運がいいんだか悪いんだか

こんにちは。

太陽は少ししか顔出さないし風が少し冷たいメルボルンです。
日本の夏とは本当に違いますね。



まずはいいことが!!

なんと!!!!








ファームジョブ決まりましたー!

(しゃんしゃんしゃんしゃん)



ピックするのは…いちご???


たまたまネットで見つけた募集に応募したらまだ空きがあるということだったんで
そこで働くことにしました。
ラッキ〜〜〜〜



いちごピックに対してネットでみると色々な意見があるみたいですが
ぶっちゃけそんなわがまま言ってられないですよね〜〜

セカンドを取りたくてファーム行くので体力の続く間はしっかり88日間頑張ろうと思います!
そして早く申請しようと思います。

それに場所はシティから電車で45分くらいで休みにシティに行けないこともないし
移動費の面でも○。

スチューデントビザも取るつもりなので学費を稼がないとだけど自分がどれだけ稼げるのかなーなんて考えると自信ないな〜(笑)

まあでも、誰も最初は初心者だし早く慣れればいいなと思います。
様子見ながら稼げるなら仕事がある限り長めにいようかな〜〜

てな感じです。
とりあえず寝床と仕事を確保して安心です。







と喜んでいたおととい、
事件は起きました。


前回の記事で今泊まっているAirbnbの部屋の話したじゃないですか!

http://workingausholiday.hatenablog.com/entry/2017/01/12/191118




この物件には別に個室ダブルベッドの部屋も用意されてて
おととい、あるヨーロッパ系カップルがその部屋にチェックインしました。


裏路地カフェに満足して帰ってきた夕方。

家に戻るとどうやらカップルは部屋にいて笑いながら会話してました。


俺もちょうどその時に仕事をゲットしたのでリラックスしながら読書してたんですね。




しばらくすると、いきなり物音が聞こえました。
(ここで何かわかったあなたは100点ゲット)














最初は上でどんどん子供がはしゃぎ回っていると思ったんですね。
(ここなら50点)












そしたらカーテンの向こうの壁から音が。
(ここなら30点)


ドンドンドンパチドンドンパチドンドン…





あ、ちなみに太鼓の達人ではないですよ。








まさかと思ったら時遅し。息づかいまで聞こえてきてしまいました。
(10点)



F*#^|>^^( ^∀^)|\>\\*k‼︎‼︎‼︎





心の声が漏れそうでした。


これでもわからなかったら残念。ここで答えは言いません。
というか言えません。


軋むベッドの上で何かを持ち寄ってるのかぶつけてるのかわかりませんでしたが(あ、言っちゃった)

この時初めてこの薄いカーテンで仕切られたこの宿泊を選んだ自分を恨みました。


前の記事で
「別のゲストもほぼ出かけてるし、いても自分の部屋にこもってるので僕はあんまり気になりません!
僕にとっては充分すぎます!」

なんて書きましたが、そりゃあお部屋にこもるわな!!!!!(笑)



こもってても気になることはさすがに考えていませんでした。汗



しかも最悪なのはこれが終わりじゃなかったこと。


寝る時は持ってきている耳栓があるんでいいんですが
それ以外の時間も音楽聴いていないと油断できません。

一泊だと思ったのに昨日も今日もいるし。


自分の家じゃないんだからさ〜〜
と悲しくなりました。

本人たちにはやめてなんか言えません。
これを選んだのはある意味僕ですし、じゃあほか予約すればいいじゃんと言われたらそれまで。


だとしても!


Be respectful to others.

でしょ!!!!!

予約時にホストに「他のゲストがみんなリスペクトフルだといいなあ」なんてテキスト送ったけど

みんながみんなそんな人ではないんだな、世界はこういうところなんだ。

と感じさせられた出来事でした。


ま、明日にはここを離れて友達が働いてるバックパッカーに行くので
今晩我慢すればおしまいだと思いながら頑張ろうと思います。


嬉しいんだか悲しいんだかよくわからない記事になりました。

今日はサタデーナイト。
下では陽気な明るい笑い声とクラクションが飛び交ってます。


このまま悲しいのが嫌だったので今日は買った食べ物一掃ディナーと題し、やっつけました。
外食はやっぱり高いのでそれ風に盛り付け(笑) 味もなかなかでした〜〜


1週間仲良くしたこの猫とも明日でお別れだ〜〜


(ちなみに猫アレルギー)


外も中もやかましいので黙って耳栓して寝ます。


もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村